大阪で美容師として働くためには、国家試験に合格しなければなりません。

そして試験の受験資格を得るためには国が認定した養成機関で一定期間学ぶ必要があります。美容専門学校では大きく分けて学科と実技を学びます。学科は関係法規をはじめ衛生管理や保健、物理化学、接客、労務管理などの授業が行われます。実技はカットやパーマなどを習得します。学ぶのは国家試験に合格し、美容師として働き始めるための基礎部分で、働き始めてから学ぶことの方が圧倒的に多いというのが実情です。

大阪には多くの専門学校があり、基本的なカリキュラムは共通していますが、それぞれに力を入れている部分や特徴が違いますので、自分に合ったところを選ぶことが大切です。また、学校によって繋がりの強いサロンも異なるため、働きたいサロンがある場合は、大阪の学校の主な就職先を事前に調べておいた方がいいでしょう。専門学校ではOBや業界関係者と接する機会もありますので、有益な業界情報を得たり人脈を広げることも可能ですから積極的に機会を活用するようにしたいものです。

多くの学生が通うのが昼間制ですが、夜間制や通信制もあります。昼間制は2年間、夜間制は2年~2年数ヶ月、通信制は3年以上となっています。昼間制や夜間制は短い期間で修了できるのがメリットです。通信制は美容室で働きながら学ぶ学生もおり、実際のお客さんと接することで社会経験を積むことが出来るというメリットがあります。